どんな意味があるの?結婚指輪をつける理由とは

結婚指輪の起源はいつ頃?

結婚指輪の起源は2000年前のローマ時代にまで遡ります。当時は契約の意味で力の象徴でもある鉄のバンドを贈っていたそうです。
結婚指輪という形を取るようになったのは9世紀頃だと言われています。ローマ教皇のニコラウス1世が妻に指輪を贈ったことが始まりとされ、広まっていきました。11世紀頃のヨーロッパでは結婚式で指輪を交換する儀式が一般化し、花婿は花嫁に金の指輪を贈り、花嫁は花婿に鉄の指輪を贈っていたとされています。一族と一族が信頼と絆の証しとして家紋の彫られた指輪を交換したという説もありますし、お互いの分身やお守りとして交換したという説もあります。一方でリングの円の形は永遠の愛を象徴しているとされ、互いの愛を確かめ合う意味もあったようです。いろいろな愛の形、結婚の形があったということですね。

日本での結婚指輪の習慣

日本に指輪の習慣が入ってきたの江戸時代の終わりごろですが、結婚指輪が一般化したのは、戦後の高度成長期の頃だと言われています。まだまだ歴史の浅い習慣です。洋装のチャペル婚が広まるにつれて指輪交換の儀式も一般的になり、今では神前結婚や仏前結婚の際にも指輪交換の儀式が取り入れられています。
結婚指輪は結婚式のあともずっと身につけて暮らします。普段アクセサリー類を身につける習慣のない男性にとっては初めてのアクセサリーになる場合もあるでしょう。二人で気に入ったデザインのものを見つけるのも愛を深める作業なのかもしれません。
結婚指輪をしていないと独身だと思われることもあるので、自分は既婚者だということを周囲にアピールする意味合いもあるようです。二人で選んだ指輪は結婚後も当時の気持ちを確かめ合う意味もあり、夫婦それぞれの思いがこもったものになっているようです。

ブライダルリングを1人で購入するのは失敗の元です。2人で一緒に購入した方が好みのサイズ感で購入でき、返品などの手間を減らせます。

© Copyright Impressive Wedding. All Rights Reserved.